腰痛と柔軟性・動画

動画の解説文

皆さんこんにちは。

​皆さんは、・・・

皆さんは、リラクゼーションで改善できる腰痛と、

改善できない腰痛があることをご存知でしょうか?

 

リラクゼーションで改善できる腰痛とは、

筋肉の酷使、緊張、柔軟性の低下など、筋肉のコンディションの、悪化によるものです。

 

今回はその中でも、『柔軟性の低下』にスポットを当てて、

腰痛と柔軟性の関係について、お話ししていきたいと思います。

 

『腰痛』というと、施術する側も、される側も、まず腰そのものに、目がいきがちです。

しかし、筋肉が疲労して起こる腰痛の場合、痛みを引き起こしている原因は、

腰そのものではないことが、少なくありません。

 

そこで注目したいのが、お尻と太股の筋肉です。

これらは、骨盤と脚を繋ぎ、股関節の動きに、最も関与しています。

 

股関節は、大きな可動域があるのにもかかわらず、日常生活の中では、

めいいっぱい使われることが少ないため、

股関節周辺の筋肉は、硬くなりやすい傾向にあります。

これを踏まえて、腰痛と柔軟性の関係を、解説していきます。

 

お尻と太股の筋肉は、それぞれ殿筋群、ハムストリングスと呼ばれ、

個々の作用を持っていますが、股関節を動かすことは勿論、

身体を支える、姿勢保持筋として、共通の役割を持っています。

特に殿筋群は、頭部と上肢を含む上半身を、支える役割も持っており、

それと同時に、疲労などの負担を分散して、逃がす働きもあります。

 

殿筋群を『クッション』、上半身からの負荷を、『落下してくる卵』と

イメージして考えてみましょう。

殿筋群に柔軟性があり、柔らかいクッションのような状態であれば、

上からかかる負荷を、受け止めることができるので、卵は割れずにすみます。

しかし、柔軟性を失い、クッションが岩のように、硬くなってしまえば、

落ちてきた卵は、割れてしまいます。

 

つまり、上半身の負荷を、腰がダイレクトに受け止めてしまい、

結果として、腰に痛みが発生してしまいます。

ハムストリングスも同様に、座りっぱなしや立ちっぱなしなど、動きが少ないと、

血行が悪くなり、老廃物が溜まって、痛みを誘発します。

ハムストリングスのコンディションの悪化が、やがて殿筋群にも伝わり、

最終的に、股関節全体が硬くなってしまうのです。

 

以上のことから、股関節の柔軟性を維持していれば、

腰への負担がかかりにくくなり、腰痛を予防することができます。

腰の施術をする際は、股関節にも目を向けて、施術を組み立てることが、

腰痛を改善するうえで、重要なポイントとなります。

 

いかがだったでしょうか。

腰痛と柔軟性の関係が、おわかりいただけたでしょうか。

 

股関節周辺の筋肉の柔軟性を保つことは

他にも、股関節の可動域の改善、全身の血行不良の改善に役立ちます。

更に、柔軟性を保つための手段であるストレッチには、

副交感神経を、優位にさせる働きもあるので、不眠症にも効果的です。

 

それでは今回のまとめです。

 

腰痛を引き起こす原因の一つとして、お尻と太股、

つまり、股関節周辺の筋肉のコンディションの低下があげられます。

 

股関節周辺の筋肉は、日常生活の中では動きが少ないため、硬くなりやすく、

それにより、柔軟性や可動域が低下します。

姿勢保持の役割に加え、上半身の負荷を受け止めるクッションの役割をしているため、

柔軟性が低下し、硬くなると、腰への負担が強まります。

 

日頃から、ストレッチなどのセルフケアをしっかりと行い、

お尻や太股の筋肉を、柔軟に保つことで、腰に負担をかけず、

腰痛を予防することができます。

 

これからも、セラピストの皆さんに役立つ情報を提供していきますので

よろしくお願いいたします。それではまた、次の動画でお会いしましょう。